MetaMaskによるEthereum、Arbitrum、Polygon、BSCのアセット管理

Arbitrum、Polygon、BNB Chain(BSC)の各マスターネットがMetaMaskとの統合を完了したことをお知らせします

*現在MetaMaskと統合されているのはCoolWallet Proのみです。
*接続にはWebカメラ(ウェブカメラ)が必要となります (オートフォーカス機能付き外付けウェブカメラ)
*(Chrome、Firefox、Brave、Edge等の)ブラウザ拡張機能のみMetaMaskに対応しています

下記のとおり、CoolWalletにMetaMask(Webブラウザ版)を連携・接続する方法について、解説していきます。


Step 1. まず、PCのMetaMaskを開きましょう。下図に示したとおり、右上の丸アイコンをクリックし、「ハードウェアウォレット」を選択。初めてMetaMaskを利用する場合は、「ウォレットの作成」をクリックし、登録を進めましょう。(お持ちのCoolWalletシードフレーズを、MetaMask サイトで入力するとハッキングのリスクが高まりますので、CoolWalletシードフレーズを入力しないでください。)

Step 2. QR-Basedをクリックし、次のステップ(Step 3)に進みます。

Step 3. CoolBitXアプリを開き、ホーム画面の一番下で「MarketPlace」を選択してください。

Step 4. 「Synchronize wallet(MetaMask 拡張機能との同期)」をクリックすると、スマートフォンの画面上に、QR Codeが表示されます。

Step 5. PC画面上で、"Continue(続行)"をクリックし、画面上の指示に従ってウェブカメラを起動し、Web カメラでスマートフォンのQRコードを読み取ってください。

Step 6. 表示されたETHアドレスの中から、MetaMask(メタマスク)と接続するアドレスにチェックを入れ(複数選択可能)、 UNLOCKをクリックしてください。(まだCoolBitX のアプリ内でウォレットアドレスを作成していない場合、一番目のアドレスを選択してください)

*重要: CoolBitX APPに追加されたアカウントのみを使用してください。空のアカウントは最大5つまで追加できます。

Step 7. これでMetaMaskと連携することができました!次に、RPCを手動で追加してください。

Step 8. 「Ethereum Mainnet」(デフォルト)>「Add Network」をタップし、以下の情報を入力してください。

1. Arbitrum

2. Polygon

3. BNB Chain (BSC)

完了したら「保存」をクリックしてください。

Step 9. 完了!これらのメインネット上の資産を管理することができるようになりました。トークンのインポートが必要な場合は、以下の画像を参考に、ブロックチェーンブラウザで、Token Contract Addressを検索し、MetaMaskの指定のフィールドにコピーしてください。

*なお、Polygon、Arbitrumのトークンは、現在MetaMaskを通じてのみ管理でき、CoolBitXアプリから追加することはできませんので、ご注意ください。

注意:MetaMask拡張機能は、一度に1つのハードウェアウォレットしか受け付けません。2台目を同期させる前に、「デバイスを忘れる」をタップしてください。