XRPの取引にタグは必要ありますか。

通常、大規模な顧客基盤を持つ機関(例:取引所など)は、準備金の必要性を最小限に抑えるために単一のXRPアドレスを使用するため、XRP支払いに宛先タグを必要とする場合があります。(https://xrpl.org/reserves.html)。そして、そのために、どの顧客に対する支払いであるかを識別するためのタグを必要とします。

個人用XRPアドレス(CoolWallet XRP Addresses)の場合、XRPの支払いは特定のアドレス(1人の受取人)に行われるため、タグは必要ありません。しかし、XRP を送信する取引所が、送信する XRP 取引にタグを義務付けている場合、1〜9 の任意の番号を入力するだけで、XRP を CoolWallet に送信することができます。