リップル取引を行う時、宛先タグは必要ですか?

通常、仮想通貨取引所や保有する機関がリップル決済を受け入れる時、特定のリップル取引宛先タグが必要になることがあります。宛先タグ(Destination Tag)とは、送金されたXRPがお客様のものであることを識別する為の数字です。これら機関では、個別のリップルアドレスを使ってリップルアドレス準備金の要求( https://developers.ripple.com/reserves.html)を引き下げているからです。そのため、これら機関では宛先タグによりその決済顧客を確認しています。

個人のリップルアドレス(CoolWallet Sのリップルアドレス)に対しては、取引宛先タグは必要ありません。お客様が利用している取引所でリップル取引宛先タグ記入規定がある場合、1-9の数字のうち任意の数字をひとつ記入すると、リップルをお客様のCoolWallet Sに送金できます。