CoolWallet Sで生成したシードを使って他のウォレットで復元できるのでしょうか。

CoolWallet Sで生成されたシードがBIP39に準拠しているという事実を知っておくことが重要です。したがって、お使いのウォレットがCoolWallet Sと同じプロトコルを使用している場合、当社のシードを使用して簡単にウォレットデータを復元してもらうことができます。

CoolWallet Sで生成されたシードを使って復元させたウォレットデータを別のウォレットに移転させたい場合、下記の対照表を使って相当する英単語を見つけ出し、使いたいウォレットに復元データを入力するだけです。

但し、ウォレットデータを復元させる時、もともとのシードを生成したウォレットは復元データを移転するウォレットで使用するプロトコルが共通のものでないと、アカウント情報を検知し、適切に処理することができません。
CoolWallet SはBIP44から派生したHDウォレットを使用しています。なので、CoolWallet Sを使用して、シードをBIP49に対応するウォレットに復元させる時、お客様のアドレス情報を検知できないことがあるかもしれません。
対応可能なウォレットがない場合、次の文献をご覧ください。

*ご注意:上記のガイドを使用する場合、サードパーティのプラットフォームにシードを晒すリスクがあります。ガイドを利用する前に自己責任で判断してください。