CoolWallet Sを紛失したら、自分の暗号資産は盗まれないの?

CoolWallet Sと接続できるのはペアリング登録した端末だけです。そのため、ウォレットが盗まれたりなくしたりしても、ペアリング設定されていないモバイル端末とデータ通信ができないようになっています。
ご参考までに、「ウォレット」はECDSA(楕円曲線デジタル署名アルゴリズム)の秘密鍵の集合体なのです。秘密鍵は暗号化または署名されたデジタルの「パブリックキー」と「プライベートキー」から組み合わされたものに使用できます。文字通り、パブリックキーは誰もが知っているもので、暗号化された情報に使うことができますが、プライベートキー保有者しかその暗号化された情報のロックを解除することができません。プライベートキーも情報に対して署名することができ、パブリックキー保有者なら誰でもその情報が本人から発信されたものか検証することができます。どの暗号通貨アドレスも、このような秘密鍵の組み合わせからできています。例えば、送信先の「アドレス」は半分がパブリックのもの、もう半分がプライベートのものがあなたのウォレットのデータに存在するのです。
「ブロックチェーン」は拡大し続ける取引情報のデータバンクであり、暗号通貨のネットワーク内に発送したすべてのノードです。取引を実行する時、その取引はネットワークに送られ、取引が有効であると仮定されると、次の「ブロック」に送信されます。これがコインそのものの保管場所になります。取引1件を行うと、そのアドレスに送信または受信したすべての取引がスキャンされて残高が計算されます。あなたの取引が使用可能残高を上回ると、ネットワークに取引を拒否され、ブロックにも送信されません。

このように、あなたの暗号通貨はウォレットにも保管されませんし、アプリケーションソフトにも保管されません。ウォレットが盗まれたりなくしたりしても、最初にバックアップしたシード暗証番号を使えば、ウォレットのデータを別のCoolWallet Sに復元させられます。そして、また暗号資産を完全に制御できるようになります。