暗号資産(仮想通貨)は、Wallet(ウォレット)とApp(アプリ)のどちらに保存されているか

お客様の暗号資産(仮想通貨)は、実際にブロックチェーン上の「ウォレットアドレス」に保管されています。

ブロックチェーンを利用した暗号資産を扱うためのアドレスが「ウォレットアドレス」です。「ウォレットアドレス」は、乱数生成器によって、秘密鍵の原型になる乱数が生成され、ランダムな「秘密鍵」から楕円曲線DSA(ECDSA)アルゴリズムを用いて「公開鍵」を導出し、更にその公開鍵からアドレスを導出するという一連の作業により生成されたものです。


公開鍵(Public Key)とは、公開鍵暗号アルゴリズムにおいて秘密鍵とペアを成し、その名の通り他人に知られても問題ありません。
秘密鍵(Private key)とは、公開鍵暗号において公開鍵とペアをなす鍵です。


秘密鍵によってトランザクションからデジタル(電子)署名が作られ、その署名はネットワークの誰もが持つことができる公開鍵によって検証できます。暗号資産を扱うための各アドレスは、ECDSAによって公開鍵と秘密鍵のペアがランダムに生成されるものです。秘密鍵は暗号資産の所有権を表しており、「ウォレットアドレス」秘密鍵の所持は暗号資産の所持を意味します。CoolWalletは、お客様により安心してご利用いただけるように、オフラインでもセキュリティーを確保し、お客様の秘密鍵が盗まれることを防ぐことができるような様々な工夫がなされています。「ブロックチェーン」は、情報を記録するという意味においては、データベースの一種になりますが、ブロックチェーンとは、取引情報を蓄積したデータベースで、取引メッセージはすべて暗号通貨ネットワーク上の「ノード(Nodes)」によって検証され、検証された取引メッセージは前のブロックに続く「ブロック(block)」にパッケージ化されます。 お客様が取引の度に、そのデータはP2Pネットワーク全体にも送信され、「残高が取引に足りるかどうか」、且つ「対応する秘密鍵の所有者がメッセージを暗号化した本人であるかどうか」が各ノードによって確認され、肯定的な結果が得られたら、始めてブロックチェーンへの処理が行われます。


よって、お客様の暗号資産の保存先は、カード(クールウォレット)やアプリケーションではなく、ブロックチェーン上の「ウォレットアドレス」です。