AES256 暗号化とは?

米国標準技術局(NIST)で標準化された対称型ブロック暗号「Advanced Encryption Standard(AES)」は、1997年から2000年にかけて、前身の「Data Encryption Standard(DES)」に比べて明らかにオープンで透明性の高いプロセスを経て選定されたものである。このプロセスは、オープンな暗号コミュニティから賞賛され、前任のDESのバックドアに疑念を抱いていた人々から、受賞アルゴリズムの安全性に対する信頼性を高めることに貢献しました。
AESは、商務長官の承認を経て、2002年5月26日に連邦政府規格として発効した。AESはISO/IEC18033-3規格に含まれる。AESは様々な暗号化パッケージで提供されており、国家安全保障局(NSA)が最高機密情報用として承認した最初の(そして唯一の)一般公開されている暗号である。
鍵長256ビットのAES-256は、最大のビットサイズをサポートし、現在の計算能力ではブルートフォースで事実上破れない、最強の暗号化規格である。