BTCアドレスでシードを再テストする方法

セキュリティーの観点から、CoolBitXはお客様のシードの記録を一切残しません。従って、お客様のシードを再テストすることはできません。そのため、シードを適切にバックアップしていない場合や、シードを紛失した場合、私たちはお客様のためにウォレットデータを回復することができません。
ただし、以下の方法でシードを再テストすることは可能です(BTCアドレスを例にしています)。

⚠️ 警告 ⚠️

CoolWalletをご利用の皆様へ。
以下のガイド、またはサードパーティのアプリケーションやアドバイスを使用することは、ご自身のリスクで進めており、CoolBitXがコントロールできない外部のオーディエンスにあなたのプライベートシードと暗号資金を公開する可能性があります。これは悪意ある者にあなたの財布へのアクセスを与え、あなたの暗号資産を永久に失う結果となる可能性があります。
現在、CoolWalletのリソースとしてCoolBitXの公式アプリ(iOS/Android)とウェブサイト(coolwallet.io)だけを推奨しています。サードパーティアプリは詐欺のリスクが内在しているため、公式にはサポートしておらず、お客様には使用しないよう強くお願いしています。

CoolBitXは、承認されていないサードパーティプラットフォームを使用することで発生する可能性のあるいかなる損失にも責任を負いません。


  1. Menmonic Code Converterのサイトをご覧ください。
  2. 安全のためにインターネットを遮断する(オプション)
  3. BIP39 Mnemonicフィールドにシードを入力します。
    *数字シードを使用する場合は、以下のマッピング表でワードシードに変換してください。
  4. コイン欄でBTCを選択
  5. Derivation PathとしてBIP141を選択し、BIP32 Derivation Pathフィールドにm/44'/0'/0'/0を入力します。
  6. 入力された1番目のアドレス(m /44' /0' /0' /0 /0)とCoolWalletの1番目のBTCアドレスを比較します。
  7. 同じBTCアドレスが導き出されるのであれば、シードが正しくバックアップされていることを意味します。しかし、違うアドレスが導き出される場合は、バックアップしたシードを再度確認した方がよいでしょう。